MENU

わたがし(パチプロ&投資家わたがし)の「ドル箱」は全く稼げない!224万円も損失した人に評判を聞いてみた

政岡吉宗への無料相談受付中!
  • ひょっとしたら騙されているかも…
  • どうすれば勝てるようになるのか?
  • この不安を誰にも相談できない…
  • 本当に勝てる投資情報を知りたい!
もしあなたが一人で悩んでいるならば、こちらのLINE@にて無料相談を受け付けています。 友だち追加  

バイナリーオプション投資家・わたがしが販売する「ドル箱」というサインツールを使い、224万円もの損失を出してしまった方がいます。

ドル箱はエントリーのタイミングを示してくれるサインツールで勝率60%となっていますが、実際には「全く勝てない」という声も挙がっているそうです。

そこで今回は、わたがしのドル箱で224万円損失を出した方にインタビューを実施し、なぜ失敗してしまったのかを解説していきます。

他にも、わたがしの人物像や口コミ・評判、ドル箱以外のツールについてもご紹介していくので、もしわたがしのドル箱に興味を持っていた人、購入しようか迷っている人は今回の記事を参考にしてみてください。

目次

わたがしの「ドル箱」で224万円もボロ負けした人の話

今回はわたがしのドル箱を買ったSさんからお話を伺いました。

元々パチスロが好きなSさんはわたがしの動画を見て、そこでバイナリーオプションを知り、投資に興味を持ったそうです。

色々とバイナリーオプションの動画を見て軽く知識を付けた上でわたがしのLINEに登録し、ツールを買って運用したところ勝率60%とは程遠く、最終的に224万円の損失を出してしまいます。

サイン通りに運用してマイナス224万円の結果に

政岡吉宗のアイコン画像政岡吉宗
わたがしのドル箱は使ってみてどうでしたか?
投資初心者のアイコン画像投資初心者
ドル箱はどの判定時間にも対応していますが、わたがしさんは初心者なら15分取引がいいと推奨していたので15分取引で始めました。最初はサインに従って運用して勝つこともありましたが、使い続けていると負けの方が多くなりました。サインと逆方向に動くことも多く、サインとは逆にエントリーした方が勝ちそうと思って試したこともあります。
政岡吉宗のアイコン画像政岡吉宗
そういう時に限ってサインが当たっていることもあるのでは?
投資初心者のアイコン画像投資初心者
ありましたね。サインツールが万能じゃないことを実感しました。サインばかりに頼らず、事前に裁量トレードについてもっと勉強して理解しておけば、224万円までの損失は出なかったかもしれませんね。

ドル箱はどの判定時間にも対応しているので、1分取引でも5分取引でも使えます。

ただし、ドル箱は相場全体が読めるためテクニカル分析は効きやすく、さらにノイズが発生しにくい、判定時間の1~2分前までなら転売ができるといった点がメリットです。

そのため、わたがしは初心者に15分取引を推奨していたのでしょう。

15分取引では相場を分析し、判定時間の1分前に勝てるタイミングでエントリーしなければなりません。

サインツールがあればある程度、ポイントを絞ることができますが、やはり相場を分析する力も勝率を上げるためには重要なスキルです。

Sさんはトレード初心者ということもあり、まだ裁量トレードが成功するレベルではなく、ツールに頼り切った運用が失敗につながっていました。

ドル箱の特徴

ドル箱はエントリーに最適なタイミングにアラートを鳴らして知らせてくれるサインツールです。

スマホからもZOOMを使ってシグナルを確認でき、アラートが鳴ったらバイナリーオプションを開きハイローエントリーが可能となっています。

大きな特徴は、3段階のサイン強弱でポイントを表示することです。

矢印が1個なら弱、2個なら中、3個なら強を示し、矢印の数が多いほど期待値が高いことを示します。

さらにサインの精度も変更できるので、シグナルレベル3の設定でサイン強を狙えば小さなリスクで大きな利益が得られるというわけです。

しかし、Sさんはサインの精度の良さはあまり実感できなかったようです。

政岡吉宗のアイコン画像政岡吉宗
サインの数や精度はどうでしたか?
投資初心者のアイコン画像投資初心者
シグナルレベルを高く設定すれば当然ですが、サインの回数はかなり少ないです。サイン強はほとんどでないのでシグナルレベル1で運用してみましたが、そこでも弱か中がほとんどです。そもそも、シグナルが1でも2でも大差ないように感じました。
政岡吉宗のアイコン画像政岡吉宗
強で出た時も勝率はイマイチだったのでしょうか?
投資初心者のアイコン画像投資初心者
そうですね。1万5000円損失するパターンの方が多かったです。音が鳴ったらすぐにエントリーしなければいけないんですけど、エントリー後にサインが消えることもありました。

ドル箱はサインの強弱によって投資する金額を変えて運用するのがルールとなっています。

弱は5000円、中は1万円、強は1万5000円でエントリーします。

やっと強が出たと思ったら負けるケースも多く、精度はイマイチだと感じたようです。

一般的にサインツールはシグナルが出た後、次足0秒にエントリーする流れとなっていきます。

一方、ドル箱はアラートがなってすぐにエントリーするルールとなっているのですが、エントリー後にサインが減ったり、消えたりすることもあります。

しかし、シグナル表示後すぐのエントリーなので自分で判断する時間がなく、裁量トレード自体が難しくため安定した勝率を得られないのでしょう。

アラートが鳴ってすぐに反応できない場合もあるので、タイミングを逃す可能性もあります。

先払いシステムは危険と言っているのに…

ドル箱の正規価格は50万円となっています。

一般的に情報商材やツールはクレジットカードや振込など先払いとなっています。

しかし、ドル箱は自分のLINE名に後払い塾としているように、後払いで購入できるようになっています。

わたがしは自身のツールは5000円の資金から300万円に増やせると豪語しています。

そのため、ツールを使って300万円稼ぐことができれば、システム料を支払う仕組みです。

逆に300万円に到達しなければ支払わなくて良いようです。

わたがしは自分の動画でバイナリーオプションの闇を紹介しており、先払いシステムを販売する人は危険だと警告しています。

そして、自分のツールに自信があるからこそ、後払いの形式にしているそうです。

ただし、ドル箱はタダで導入できるツールではありません。

実際に利用するためには、初期費用として10万円の支払いが必要で、残りの40万円は成果が出た後に支払いが発生します。

Sさんは300万円稼ぐどころかマイナスなので40万円は支払っていませんが、10万円は導入時に支払っています。

10万円も十分な大金なので、払っておいて成果が全然でなかったのであれば買い損です。

先払いシステムを否定しておきながら、結局ドル箱は完全な後払いではないので矛盾を感じます。

わたがしに対する集団訴訟は?

投資初心者のアイコン画像投資初心者
わたがしさんのことは今のところ訴訟は考えていません。他のYouTuberさんが訴えられたという記事を見ました。もしかして、他にも訴えたいと思っている人はいるかもしれませんね。

Sさんは今のところ訴える気はないようですが、すでにわたがしを訴えている人がいました。

わたがしは自分のYouTubeチャンネルで特定のパチプロを警告する動画を投稿していましたが、デマを流されたとパチプロ本人に法的措置をとられ、約140万円支払って和解しています。

このケースは商材を買った人からの訴えではありませんが、購入者の中には訴えたいと思っていても勝てる可能性や弁護士費用などの都合で動けない人もいるかもしれません。

被害者が多くいるようであれば、集団訴訟という手もあります。

今後、被害を名乗り出る人が増えていけば、集団訴訟もあり得るのではないでしょうか。

わたがしの評判はあまり良くない

わたがしやドル箱の口コミを調べたところ、評判はあまり良くないようです。
一部ですが、わたがしやドル箱に関する口コミをご紹介します。

バイナリーは後払いとか書いてあるくせに最初にサポート料とかいって10万もとるんだぜ
嘘つきにもほどがある
まじで詐欺師

引用元:5ちゃんねる

わたがしのツール「ドル箱」を使っています。

約1年使用してきての感想をお伝えします。

サイン通りに闇雲にエントリーしても勝てません。
もう一台PCを用意してMT4で他のインジケーターなどで分析しながらエントリーすれば6~7割の勝率になっています。

ドル箱単体の裁量なしでは到底勝てる物ではありません。
高いアラート機能を買ったと思います。

サポートの対応は遅いです。
手厚いサポートとは程遠いと思ってください。

LINEで他の販売者を紹介されますが登録などしない事をお勧めします。
自動売買ツールの販売だったりジグナルだったり紹介されます。

引用元:yahoo知恵袋

こいつが売ってる情報商材も購入者をLINEで24時間手厚くサポートします!とか言ってるくせに購入者が「勝てない」って苦情いれるとブロックするし
自分がディズニーランド行ってるときに何度も連絡してくる奴はツイッターで晒したりするし
ほんとやってること無茶苦茶
間違いなく詐欺師だよ

引用元:5ちゃんねる

掲示板やSNSでは、嘘つきや詐欺、捕まれなど、わたがしを批判する投稿が多くありました。

また、ドル箱を使っている人は単体では勝てないと断言していました。

サポートは返事が遅く、苦情を入れればブロックやSNSに晒されるといった行動もあったようです。

苦情を入れればブロックなので、返金について問い合わせても期待できる対応はないと考えられるでしょう。

他にもLINEで他のツール販売者を紹介されることもあり、迂闊に登録すればセールスをかけられる恐れがあります。

紹介される販売者やツールも信憑性に欠けるものかもしれないので要注意です。

わたがしとはどんな人物?

悪評なわたがしですが、どんな人物なのか詳しく調べてみました。

わたがしは元々美容師でしたが、理想と違う仕事に嫌気がさしてとび職に転職します。

しかし、それも肌に合わず1週間で辞め、その後は好きなパチンコで稼ぐことを決めました。

元々数字や統計が好きで、それを活かしてパチンコの勉強やデータ分析に時間を費やして、パチンコで稼げるようになりました。

ただしパチプロ生活での収益だけでは年収300万円が関の山と感じ、投資でも稼ごうと考え、ギャンブル性のあるバイナリーオプションに興味を持ちます。

バイナリーオプションでも研究を重ねて特別な手法を身につけ、パチスロの収益も含め年収3000万円になっているそうです。

YouTube・Instagram・ブログを運営している

わたがしは、Webマーケッターもしているそうです。

LINE以外ではYouTubeやInstagram、ブログの運営をしています。

Twitterのアカウントもありますが、アカウントを捨てるとツイートを最後に更新されていません。

YouTubeの登録者数は2020年12月時点で3.49万人おり、バイナリーオプションやパチンコに関する手法やノウハウ、講座動画を中心に配信しています。

また、動画が削除された件を理由にサブチャンネルも解説しており、そこでもたまに動画が投稿されています。

Instagramではプライベートの写真が中心となっています。

YouTubeではわたがし自身が出演しており、Instagramでも自撮写真などがあるので顔を確認できます。

しかし、わたがしは必ずマスクを着用しているので、全貌までは分かりません。

ブログもパチンコ攻略を中心にコラムを投稿していますが、記事内に動画も貼ってあるので動画に誘導するための記事でしょう。

わたがしが販売する他のツール

わたがしはパチンコの商材も販売しています。

その名も「わたがし流パチンコ攻略大全集」です。

パチンコ用のLINEに登録すると自動返信で申込ページが届くので、そこから申し込むと3万円で購入できます。

わたがしが使っている波理論をベースに、時間効率が良い上にパチンコを楽しみながら勝てる必勝法を紹介した教材になります。

波理論とは、何ヶ月分のホールデータを集め、そこからホールの癖や法則性を分析し、台の挙動を意識した立ち回る手法のようです。

ここぞという台を狙ってパチンコが打てるので、少ない時間で勝負でき、無駄な投資をせずに済むというメリットがあります。

ただし、波理論はパチンコ界ではオカルト打法と呼ばれています。

パチンコ界でいうオカルトとは、体験をベースとした根拠のない攻略法のことです。

パチンコや確率は完全確率方式なので、好調な台やこのリーチで外れるとハマるなどの情報は信憑性に欠けます。

ネットで口コミを見ても詐欺を疑う声があるので、ドル箱同様に怪しい商材と言えます。

結論:わたがしとは関わらない方が無難

今回はドル箱を販売するわたがしについてご紹介しました。

バイナリーオプションやパチンコで稼ぎたいと思う人は、高額でもツールや商材に手を出しやすいです。

わたがしのドル箱は後払いで成果が出た時だけ代金を支払う仕組みとなっているので、そこに魅力を感じる人も多いでしょう。

しかし、ツールのサインは信憑性なくシグナルが出るので、Sさんのように負けが続き大きな損失を出す恐れがあります。

さらに後払いと言っておきながら、初期費用やサポート費用としてがっつり10万円支払わなければならないので注意してください。

口コミでも詐欺や嘘つきといった悪い内容が多く評判が悪いので、わたがしのLINE登録やツール購入はしない方は良いでしょう。

政岡吉宗への無料相談受付中!
  • ひょっとしたら騙されているかも…
  • どうすれば勝てるようになるのか?
  • この不安を誰にも相談できない…
  • 本当に勝てる投資情報を知りたい!
もしあなたが一人で悩んでいるならば、こちらのLINE@にて無料相談を受け付けています。 友だち追加  
目次
閉じる